FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11月号

●いかに失敗から学ぶか
─9月度例会─

9月例会A
9月例会B


 去る9月18日当所にて、9月度例会「勘違いだらけの経営者~失敗から学ぶ経営論~」が開催され、講師に営業戦略・マーケティング戦略コンサルタントの中久保浩平氏をお迎えし、合計31名の参加にて行われました。
 講演では、中久保氏自身の経験を交え、「成功事例から学べることはそれほど多いわけではなく、いかに失敗から学んでいけるかが経営者として重要なことである」といった話や、仕事の宣伝よりもPR(public relations・人々に知らせ、関連付けすること)の重要さを話されました。
 途中、メンバー同士で「自身の仕事での失敗談」を発表し、お互いにアドバイスし合い、メンバー・講師ともリラックスした雰囲気で親睦を深めることができたと思います。このような時間が設けられたことにより、単調な講演だけでは終わらずに、メンバー同士の交流も図れたのではないでしょうか。
 講師例会の後は、場所を移動して「花・笑家」で講師を交えての懇親会が開催され、リラックスした雰囲気の中でさらに親睦が深められました。
 今回は参加人数も多く、講師の良さもあり、参加したメンバーが満足できる講師例会であったと思います。
(HS 笠原 悟)

●ものづくりの町八尾へ
─近畿ブロック大会─

近畿ブロックA
近畿ブロックB


 去る9月26日近畿ブロック大会八尾大会が1300人を超す参加者で開催され、14名の彦根YEGメンバーと共に参加してきました。
 記念講演は、あの橋下徹大阪府知事をお招きして「あたらしい国のカタチを目指して ~地方分権と地方改革を考える~」のテーマで講演していただきました。知事は講演やセミナー等は滅多にされない方なのですが、今大会が知事の出身地である大阪八尾での開催ということもあり非常に貴重な講演を拝聴することができました。
 講演の中で、国がすべき仕事、我々中小企業を含め地方が担うべき役割について述べられ、各人がおのおのの立場において、それぞれの責務を果たし住みやすい日本国、地方になるように共に頑張りましょうと言っておられました。
 その後は6つある分科会に別れて参加し、私はKES(環境マネジメントシステム)の認証取得に参加してきました。国際規格であるISO14000の認証取得は中小企業で取り組むには負担が大きいため、経費が安く取り組みやすいKESができました。考え方そのものはISOと同じくPDCAを回し継続的改善を求め第三者が認証するという形で、無理なく取り組めるシステムでした。企業の環境対策はもう避けては通れない問題であり、取得により企業の信頼性・社会的地位の向上に役立つと感じました。
 その後、大懇親会に参加し、来年の近畿ブロック草津大会のPRを行いお開きとなりました。来年は県内の草津での開催となるので、より多くのメンバーと参加し貴重な時間を共有したいと思います。
(小出建設(株) 小出哲士)

●これからを生き抜くキーワード
―北地区提案公募型事業・ハイウェイビジネス交流会―

ハイウェイビジネス


 去る10月21日に、長浜YEGの主管のもと滋賀県若手後継者等育成事業・北地区提案公募型事業及び第10回ハイウェイビジネス交流会が開催され、当彦根YEGより石田会長をはじめ17名で参加してまいりました。
 株式会社ロフトの創業時の代表取締役であった安森健氏を講師としてお迎えし、「スモール・ローカル」「既存のお客様を大切にする」「本業回帰」が小売業を生き抜くキーワードだというお話をお聞きし、中小企業の経営者にとっても大いに参考になる内容でした。
 現在65歳になられた安森氏は、今年ロフトの役員を退任され、続いてイオンの顧問に就任されますが、巨大組織による一元管理ではなく、各店に裁量権を与える経営体制をとることが今後の課題としているという興味深いお話もしていただきました。
 懇親会では、彦根YEGがハイウェイビジネス交流会を主管した時の映像も含めた今までの歴史を振り返るオープニングで始まり、県内YEGメンバーをはじめ東海北陸ブロックのメンバーとも交流を行うことができ、大変有意義な時間を過ごすことができました。
((株)銀波・㈱アルジェントカンパニー 嶋津幸一郎)

●まいどおおきに
小鉢クリーニング店 小鉢 慎二

 こんにちは。京町の小鉢クリーニング店です。
 当店のモットーはお客様の細かなニーズにお応えし、大事なお品を丁寧にやさしく洗い上げることです。これから秋も深まりウールマークの付いた衣服を着られる機会が多くなるころですね。このような衣類はドライクリーニングをすることになるのですが、いったいドライクリーニングとはどのようなものなのか? よく質問をお受けします。そこでご説明を。
 ドライクリーニングは1830年頃にフランスで開発され、水で洗うと型崩れや縮み色落ちなどが発生する衣類を、水の代わりに有機溶剤を使うことによって衣類への影響を抑えた洗浄方法です。有機溶剤は分かりやすく言えば石油や灯油などの油です。衣類を型崩れさせたり、縮めたりしないために、ドライクリーニングは生まれました。
 ご家庭では、水で洗うしか洗濯方法がありません。スーパーなどで販売しているドライ衣料用の洗剤は、水で洗っても型崩れや縮みなどをできるだけ起こりにくくするように工夫した洗剤ですので、ドライクリーニングではありません。ドライクリーニングなら縮みや型崩れはもちろんなくて、シワもほとんどない状態で洗いあがります。
 ウールマークはぜひ当店にお任せください。
まいどおおきに小鉢(洗濯機)



●青年部伝言板
■全国会長研修会(奈良まほろば会議)・翔生塾
 11月27日(金)~28日(土)
 於:奈良県文化会館他

■ 冬季親睦例会 X,masパーティー
12月23日(水・祝) 18時~受付
於:エクシブ琵琶湖(米原市)

■ 新年会
1月15日(金)
■ 会員の慶弔に関する情報を事務局までお寄せ下さい。

●ちょっと聞いて~な
 皆さんレイクスターズをご存知でしょうか? 昨年から参入した滋賀のプロバスケットボールチームです。滋賀にはプロと名のついたスポーツはありません。そこでプロバスケット?と思われる方がいるかもしれませんが、これがなかなか面白い! 間近で見る大きな選手がプレイする様に興奮すること間違いなしです。もちろんバスケットボールがわからない方でも見応えありです!
 みんなで滋賀初のプロを応援しましょう!
 GO! GO! レイクス!
((株)アド・寿 鈴木一郎)
スポンサーサイト
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。