スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06月号

迫力の彦根鉄砲隊演武

 その轟音は場の者達の目を見開かせ、どよめきと共に巻き起こるその拍手は、歴史に裏打ちされた迫力への畏怖と憬れが綯い交ぜになった、確かな尊敬を感じる反応だった。
 ゴールデンウィーク最終日の5月6日、彦根城内にて行われた、彦根商工会議所青年部古式銃研究会彦根鉄砲隊の演武に青年部4名で出務してまいりました。
 お手伝いという形で参加させていただいたのですが、鎧甲冑を着る時から既に右も左も前も後ろも分からない状態で、周りの隊員の方々にずっとお世話していただきました。感謝感謝です。
 そして演武。私のような鉄砲を持たない隊員は刀を帯び、鉄砲隊キャラクターの「ひこどん」に付き従い、観光客の方々との記念撮影に勤しみます。「ひこどん」の人気は私の想像を遙かに上回り、日頃からの隊員方々の地道な活動の賜なのだと、子ども達のみならず厳ついお父さんまで笑顔にさせる「ひこどん」に、私は感動しました。
 鉄砲の轟音は城内に響き渡り、誰とも無しに起こる歓声と拍手に、ただ突っ立っている私までもがなぜか鼻高々。観光客の方々の笑顔と「次いつ?」という期待の言葉に、この活動は彦根の観光にとってはもちろん、何も分からずとも今やれることをやる事で、大きな充足感と共に、また自分がやるべき、やれるべき事が見つけられる場にもなったように思います。
 YEGや彦根、そして自分のために、ぜひ皆さんもまず参加してみてください。観光客の方々、隊員の皆様との交流は、きっと何かを芽生えさせてくれる事と思います。(㈲with構造設計室 宮村森)

彦根鉄砲隊A
▲演武に備える彦根鉄砲隊

彦根鉄砲隊B
▲可愛いひこどんと共に

滋賀県商工会議所青年部連合会「六方よし特別委員会」委員長を拝命して

 滋賀県青連六方よし特別委員会に任命いただき、彦根YEGの代表として4月15日に第一回委員会に参加しました。
 六方よし特別委員会は、近江商人の商いの手法「三方よし」にちなんで、地域別に6つに分かれている滋賀県YEGを繋げ、協力して滋賀県を盛り上げていこうという熱い思いのもと発足して4年目の委員会です。
 大津、草津、守山、八日市、彦根、長浜の単会から各1名選出された計6名の仲間が集まり、それぞれ単会の特長を発揮して、全体の事を考え、力を合わせて滋賀県YEGを活性化していくのが六方よし特別委員会なのです。個々の損得だけで考えるのではなく、周囲のみんなのことを考えて行動し、みんながいい方向へ進んでいけるよう意志決定していく事は、経営者に求められていることと同じだと感じます。
 厳しい経営環境の中、経営者の方々は皆、努力して努力して必死になって日々を過ごされている時代でもあるかと思います。しかし、振り返るとお客様、仕入先様、金融機関様、社員さん、家族の笑顔が溢れている状況でしょうか。そして自分自身は笑顔でしょうか。私は、まだ皆が笑顔溢れるような経営者にはなれてはいませんが、この六方よし特別委員会の活動を通して学び、学んだことを自社に活かしていこうと思っています。
 自分も笑顔、周りも笑顔で、みんなのためになるような事業活動にして、みんなの笑顔に囲まれ「頑張ってよかったなぁ」とメンバー6名全員が実感できる委員会にしていきます。そして、会社でも家庭でも笑顔に囲まれている自分となって、「青年部に入って良かった」「みんなと出会えて良かった」と言っている結果にしたいです。
 商工会議所青年部は、そういった学びのチャンスがあり、失敗を恐れることなく挑戦することの大切さを学べるところだと思っています。だから私は、六方よし特別委員会の委員長を一生懸命頑張ります。
(ワンフォオール㈱ 松下隆一)

まいどおおきに

㈲双葉荘 片岡純一郎

 まいどおおきに、双葉荘の片岡純一郎です。今年度よりYEGに入会させていただきましたので、簡単に自己紹介をさせていただきます。
 当館は、「賓至如帰」をモットーとしております。本来の意味は「最上級のもてなしは、客人が家に帰ったような気持ちにさせる事」ですが、軽い気持ちでおうちに帰ったように寛いでいただければ……と思ってスタッフ一同励んでおります。
 私は、10年間滋賀県から離れて仕事をしていましたが、離れてみればこそ彦根の良さが解り、やはりこの地で生活をしようと思い戻ってまいりました。
 長年当館の調理を支えてきた調理長も齢を重ね、料理を存続させる必要を感じ、調理経験はありませんが、現在料理を継承する術を学んでいるところです。
 滋賀県にはすばらしい食材が溢れています。それらの食材を活かし、滋賀県を訪れる人、また地元の皆様にも「おいしが、うれしが」を味わっていただきたいと思っております。
 各種ご会合、慶事、仏事などおうちの御座敷のようにご利用ください。

まいどおおきに写真(賓至帰如)

㈲滋賀飲料 瀧  圭介

 こんにちは、有限会社滋賀飲料の瀧圭介です。滋賀飲料とは現社長が約30年前に創業したジュース屋さんです。仕事内容は自動販売機を設置させていただいて、補充・管理をするのが主な仕事です。「彦根市内全ての自動販売機を管理しています!」と言いたいところですが、まだまだこれからです。
 私は彦根に生まれ、彦根に育ちましたので、大阪の大学に在学中も彦根で就職したいという思いから当時の彦根信用金庫に入社し、昨年9月末に退社するまで10年半お世話になりました。本当にたくさんの方々と出会え、感謝しています。
 今、心掛けている事は、大手に出来ない中小企業ならではのアイデアを打ち出していく事! 例えば袋町に「ウコン」のみの自販機や、「ラーメンにっこう」さんとコラボ(当たり券の投入等)したり、お客様が「滋賀飲料がまた何かやっとるな」と思っていただけるようにこれからも頑張っていきます!

まいどおおきに(滋賀飲料・瀧)

ちょっと聞いて~な

 今年の第3回彦根YEGわーくメッセは、10月14日(祝・月)、滋賀県立大学交流センターにて開催します。
 また、体験も3つのコースを予定しています。小さな子ども向けに短い時間で体験できるものから、1時間以上かけて体験できる本格的ものまで、より進化したわーくメッセに向けて準備中です。
 今年も会員の皆様のご支援ご協力をよろしくお願いします。担当の3Piece委員会からのお知らせでした。
(㈱西村教材 西村忠生)

青年部伝言板

■6月度例会「わーくメッセを10倍楽しむ方法」
 6月17日㈪18時30分開場
 於:滋賀県立大学交流センター研修室
■滋賀県青連役員との懇談会
 6月21日㈮19時開会
 於:双葉荘
■滋賀県版故郷の新しい風会議
 7月5日㈮18時30分受付開始
 於:長浜市
■第3回彦根YEGわーくメッセ
 10月14日(月・祝)開催
 於:滋賀県立大学
■会員の慶弔に関する情報は事務局までお知らせください。
スポンサーサイト
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。