FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05月号

●平成23年度 彦根商工会議所青年部 事業計画
スローガン 「自己への挑戦 ~気づき~」

基本方針
 我々は、青年経済人です。今、この時代を自らが切り開いて行かなければなりません。志を持ち、情熱を持ち、真のリーダーとしてリーダーシップを発揮しなければなりません。
 そのためには、今をあるがまま見ることが大切です。今、自分は何をしなければならないのか? 自分の事業所を自分ならどうしたいのか? この青年部に入り自分はどうしたいのか?
 自分に対して考えることが一番重要なのです。自己への挑戦なのです。
 そして、人は人でしか磨かれません。青年経済人として創意と工夫、勇気と情熱を学ぶ向上心のある青年部であり自社へのリーダーシップを発揮していただく青年部にしたいと思います。

事業計画
①通常総会・役員会・各委員会の開催
②例会・資質向上研修会の開催
③会員拡大の積極的推進
④商工会議所青年部30周年事業の実施
⑤会員相互の交流・親睦を図るための行事の実施
⑥情報交換の場の構築(YEGオフィシャルツールの活用)
⑦広報活動の推進(青年部通信の編集・ホームページの整備)
⑧地域コミュニティの構築
 市民を対象とした事業、他団体との交流
⑨地域活性化事業への参画及び実施
 小江戸彦根の城まつり井伊直政公顕彰式・YEGフェスタの実施
 古式銃研究会運営への協力
 その他地域活性化に資する事業への参画
⑩県内外青年部との交流および事業への取り組み
 日本商工会議所青年部事業への参加
 滋賀県商工会議所青年部連合会事業への参加 
⑪その他本会の目的達成に必要な事業の実施

 入会された皆さん
橋本 泰幸 君(Leader,s Bar)
大堤 広司 君(㈱滋賀銀行彦根支店)
山田慎太郎 君(近江鉄道㈱)
笠原慎太郎 君(エース証券㈱ 彦根支店)
山川 慶子 君(オプティムグラフィックス)
内田 敏弘 君(㈱Full-Cube)
小嶋 丈治 君(フラワーショップ・プチフルール)
早川 敬士 君(早川工芸㈱)
門野 明仁 君(㈱トラスト)
渡辺 正司 君(㈱アリガット ルミエール レクラン)
西川 浩司 君(ラーメンにっこう)

●YEGメンバーの絆に感動 ~親睦旅行~
 去る3月27・28日に21名参加にて青年部親睦旅行が開催されました。
 YEGに入会して3年目を迎えて、初めての参加となった親睦旅行でしたが、長良川温泉に行くのも初めてで、何もかもが初体験となりました。今回お世話になったホテルパークさんは長良川が見渡せる最高のロケーションで、素晴らしいメンバーと料理をいただき温泉に浸かり本当に楽しい一時となりました。
 また、今回退会されることになった西村順さんの送別会も行われ、手づくりの心のこもったサプライズにYEGメンバーの絆の深さを改めて実感し感動させられました。1年間のYEGとしての活動に対しての反省や、次年度からのさらなるYEG向上の意味でも有意義な親睦旅行になったのではないかと思います。
 来年の親睦旅行は更にたくさんのメンバーが参加してもっと楽しい旅行になればと思います。皆さん一年間お疲れ様でした。次年度もよろしくお願いいたします。(㈲マザーレイク 松原剛志)

親睦旅行
▲織田信長公像前にて(岐阜)

●YEGゴルフコンペ

17ゴルフコンペ

 去る3月27日に商工会議所のチャリティーゴルフコンペが彦根カントリー倶楽部にて参加者69名で開催されました。そのコンペを彦根YEGゴルフコンペとして、青年部メンバーも9人参加させていただきました。
 天気は晴れてはいましたが、少し風が強く肌寒い感じでした。彦根YEGゴルフコンペは年に2回程度開催されており、今回が今年度2回目の開催になりました。
 いつものメンバーに加え、青年部に入会した新たなメンバーも参加し、ゴルフだけを楽しむのではなく、メンバー間の親睦も図れたゴルフコンペでした。
 スコアは良い人、あまり良くなかった人と色々ですが、いつもと違った親睦の図り方ができ本当に良かったです。
 優勝は、青年部独自のハンディキャップもあり澁谷和弘君でした。ゴルフは商工会議所と一緒でしたので、合同の順位では、西村順君が4位に入り、有意義な日曜日を過ごさせていただきました。
 来年度も開催しますので、来られていない方は一度参加してみてください。初めての人も大歓迎です。青年部の絆を深めていきましょう。(㈱川地工務店 川地将人)

●まいどおおきに

馬場司法書士事務所 馬場真作

WILL~未来へ~
 遺言というとどんなイメージをお持ちですか???
 遺書と混同され、死への負のイメージやお金の話、そんなイメージが強いのではないでしょうか?
 日本では、遺言を残される方のほうが少ないと思いますが、欧米では遺言(WILL)を残すことが、当たり前になっています。マイケル・ジャクソンのWILLもネットで公開され話題になりました。
“自分の死んだ後のことは知らないから勝手にやって”というのも無責任な話かもしれません。
 日本人は察するということに長けている反面、主張することを苦手とするのではないでしょうか。そして、お金の話などは品がないと避ける傾向があると思います。日本人の良い部分でもありますが、トラブルを先送りにしたり、悪化させるもととなることもあります。
 自分の築いてきたもの・自分と関わるものに息吹を吹き込み、行き先さしては未来を決定しておくのが、思いをつなぐ最善の方法だと思います。
 遺言等お考えの方は、お気軽にご相談ください。

●青年部伝言板
■5月度例会
「知っていると得をする?知らなければ損をする!~経営者のための助成金等支援対策を活用しよう!~」
5月26日(木)19時~
於:当所3F中会議室

■梅ちぎり例会
6月12日(日)10時30分~
於:彦根城梅林

■3YEG合同例会(八日市・長浜との合同)
6月17日(金)18:30~受付開始
於:ラピュタボウル他(東近江市)

■6月度例会
「わーくメッセ検証例会」
6月27日(水)19時~
於:当所3F中会議室

■会員の慶弔に関する情報は事務局までお知らせください。
スポンサーサイト
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。