スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04月号

●「動けば変わる」
  ─彦根YEGオープン例会開催─

2月オープン例会A

2月オープン例会B
▲講師のてんつくマンこと軌保博光氏

 2月22日彦根市南地区公民館にて、当所中小企業相談所・滋賀県中小企業相談所専門指導室・彦根YEG共催のオープン例会が行われました。
 講師としてお招きしたのは、NGO MAKE THE HEAVEN、㈲club sanctuaryの代表を務められる、てんつくマンこと軌保博光さんです。元々は吉本興業の芸人さんでしたが、吉本退社後、路上で筆と墨を使いインスピレーションで言葉を書き始めるというパフォーマンスが大ブレークし、路上詩人と呼ばれるようになりました。また、個展や講演活動をしながら、カンボジアの子ども達への支援、環境問題を環境ゲームと捉え笑い楽しみながら実践していくなど、様々な活動をされています。
 今回は「動けば変わる」をテーマに、普段の活動や体験などお話しいただきました。前向きに考え、何でも感謝すること。例えば、朝目覚めたことに感謝するなど当たり前な日常に感謝をする。赤信号で止まっても「タイミングが悪い」ととらえるのではなく「止まってラッキーだった」と、とにかく前向きに考えること。そうすることで、全てが良い方向に向かい始めるとお話しされました。普段見過ごしている事を気づかせてくれた、そんな講演内容だったと思います。
 当日は、定員を遥かに上回る251名の方が分かりやすくておもしろいトークを満喫され、講演後のアンケートにも「力を貰えました」「前向きになれました」等多数の感想を頂戴しました。今回のような身近で、すぐにでも実践できるようなテーマは、一般参加者にも共感しやすいのではないでしょうか。(ブランチ 北川直志)

●迫力満点の鉄砲サミットを開催
  ─井伊直弼と開国150年祭終了─

鉄砲サミットA
▲お楽しみ抽選会

 去る3月20日・21日の両日、井伊直弼と開国150年祭主催イベントとして「全国古式砲術鉄砲サミットin彦根」が開催され、当青年部からも33名が参加しました。
 初日の20日は京都女子大学の母利美和教授をお迎えしての記念講演に始まり、パネルディスカッション、そして日本各地より集まった22隊の鉄砲隊を迎えての歓迎レセプションが行われました。北村会頭のご挨拶で始まったレセプションは、会場に溢れんばかりの人と熱気に包まれて、盛大に開催されました。
 2日目の21日は、参加鉄砲隊による火縄銃演武を中心としたイベントが彦根城大手前広場にて開催されました。青年部もお楽しみ抽選会等イベント運営のみならず、物産展に委員会単位で出店し、盛り上げようと準備しておりました。しかし、当日は生憎の雨と強風に見舞われ、来場者数が減少してしまわないかと若干の不安のもと始まりました。
 イベントが始まると、不安を跳ね除け徐々に来場者が増え、いつの間にか演武ステージの前はたくさんの人で埋め尽くされていました。
 各隊の演武は勇猛な武将そのもので、目の前から聞こえてくる迫力十分の銃声に来場者の方も大満足であったことと思います。
 また、青年部をはじめ女性会や市内飲食店などが集まった物産展も好評で、当委員会で販売した近江鶏の焼鳥も、天候が悪いにも関わらずリピーターの方が続出するほどの人気で大変嬉しく感じています。
 これで2年間にわたって開催された「井伊直弼と開国150年祭」も終わりかと思うと、2年間が本当に早く過ぎた気がし、観光客の誘致のためにも次なる催事が必要だと感じております。
(㈱銀波・㈱アルジェントカンパニー 嶋津幸一郎)

●笑心あふれるえひめ松山へ ─日本YEG第29回全国大会─

えひめ松山大会
▲山内日本YEG会長の挨拶

 去る3月5日・6日、日本商工会議所青年部の第29回全国大会えひめ松山大会が愛媛県松山市を中心に行われました。「笑心」をコンセプトに行われた今大会は、温暖な土地らしい、温かいYEGメンバーの出迎えよりスタートしました。
 今大会は6つの分科会があり、彦根YEGは新居浜YEGが担当する「夢の分科会」~夢列車に乗って、未来の鉱山へタイムスリップ~に参加。砂金採り体験や鉱山鉄道を見学しました。また、かつては産銅量世界一を誇っていた別子銅山の記念館を見学し、日本の近代産業を先駆ける反面、公害問題に直面しながらも様々な工夫により、現在の緑の山々を復元するといった先人たちの知恵を学ぶことができました。
 夕刻からは、大懇親会がひめぎんホールで行われ、愛媛県産の食材や催し物で盛大な歓迎を受け、楽しく交流することができました。
 翌日は記念式典に出席し、その後行われた古田敦也氏と二宮清純氏の記念講演を聴き、充実した全国大会が終了となりました。
 今回は5名の参加でしたが、参加したメンバーは普段できないような非常に中身の濃い議論がなされ、強い絆が生まれたように思います。今回の全国大会で得た収穫をより多くのメンバーに伝え、今後の青年部事業に活かしていきたいと思います。
(㈱鍛治光鉄工所 西村 順)

●まいどおおきに

まいどおおきにSEN
 
 SEN 川岸桂悟
 
 電気、上下水道を中心に幅広くご家庭の悩みに答える「SEN」です。
 ありきたりになりがちなご自宅のキッチン・トイレ等の水回りを、個性的かつ使い勝手よくリフォームしませんか? 幅広い業務知識とネットワーク、若さを活かしたアイデアで「“S”incerity(誠実)」「“E”cology(環境科学)」「“N”ovel(斬新)」をモットーにご家庭の悩みを解消いたします。
 私ども「SEN」は小規模ながら一生涯・代々お付き合いいただける電気設備屋を目指し、コンセント1つから工事・修理を賜っております。安心・安全・快適そして環境を考えたご家庭作りのお手伝いをさせてください。お見積もりだけでも結構です。待ったなしの水回りの修理等どんな些細なことでも伺います。
 これからも、みなさまから一番に相談していただけるファーストコール企業を目指し、信頼を積み重ねて行きたいと思っております。いつでもお電話ください。

●ちょっと聞いて~な
 髪の毛の本数は、男女問わず約10万本。
 髪の毛は、体の中の毒素を排泄するために、毎日毎日伸び続ける。
 しかし、あんまり伸びて足のほうまで伸びると歩くジャマになる。
 だから、歩く邪魔にならないように、その人の腰の辺りまで伸びると自然に抜け落ちる。
 それが髪の毛の寿命である。
 Lucca(ルッカ)はあなたの寿命まで、デザイン、サポートいたします。
 (Lucca(美容業) 寺村清隆)

●青年部伝言板
■通常総会
 4月27日(火) 18時~
 於:当所4F大ホール

■事務局体制が平成22年度から変わりました。
 よろしくお願いします。
  小川聖司
  渡辺紀子(新任)
スポンサーサイト
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。