スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.01月号

●家族親睦クリスマスパーティー
おもしろアトラクションが目白押し

もちつきconvert_20090122122118全員集合convert_20090122122259

 去る12月13日、このシーズン恒例のクリスマスパーティーが彦根プリンスホテルにて開催され、メンバーとその家族総勢77名が参加しました。
 最初に“サンタを引っ張るトナカイ”の姿で和田会長が登場して、会場はパーティーの雰囲気に包まれました。そして、菊川直前会長による乾杯の発声で食事・歓談が始まりました。美味しい料理を食べながら楽しく会話をしているとしばらくして、ふんどし姿で約50㎏もの“うす”を担いだ藤本君と“きね”を手にした西村委員長が登場し、第1のアトラクションが始まりました。「大樹ポコ」と名乗る2人はお笑いのネタを披露して開場を爆笑させた後、子どもたちに餅つきを体験させていました。その後つきたての餅にきな粉をまぶし、早速振る舞われたのですが、このつきたての餅は本当に美味しかったです。
 もうしばらくして、第2のアトラクションが始まりました。プロマジシャンのジャスパーさんによるマジックショーの始まりです。手馴れた手つきで次から次へと見事なマジックを披露しながらも、随所に小さなボケをまぶしながらのトークは絶妙でした。
 私は帰りがけに会場の外でジャスパーさんに出会い、特別に手品を披露してもらいました。「なんでやろ?」としか言えない素晴らしい手品で感動しました。
 この後、子どもたちが、落下してくるお菓子をキャッチするゲームをし、集合写真を写したところでパーティーは終了しました。出口で子どもたちにはクリスマスプレゼントが用意されていて、みんな大喜びの様子でした。
 今から来年のクリスマスパーティーが楽しみです。
(㈲テクノウェーブ 林 武志)

●ゴルフ&ボウリングで親睦!

 青年部親睦ゴルフ&ボウリング大会が去る12月10日に開催されました。
 最初に、彦根カントリークラブにて青年部、秋恒例のゴルフコンペが開催されました。総勢10名の参加で、12月にしては天気もよく暖かい日の開催となりました。今回、優勝は㈱フジモーターランドの藤本君でした。(おめでとう!)僕は、練習も普段からあまりしていませんし、決してゴルフがうまいわけではありませんが、なぜかゴルフに行くとプレーしている者同士、楽しくおしゃべりをしたり笑ったりと、とても楽しいのでいつも参加しています。もちろん、スコアも大切だとは思いますが、その日の体調や調子でスコアは左右されます。うまい人でもたくさん叩いてしまう場面もあります。でも、それも楽しいことだと思います。是非これからゴルフを始めようと思っているメンバーの人、最近行っていないがまた行こうと思っているメンバーの人、たくさんの人とゴルフで楽しめたらいいのにと思います。
 最後になりましたが、春のゴルフコンペでも最下位で青年部通信の記事を書くことになり、また今回も最下位で記事を書いています。次回はせめて最下位ではないようにがんばりたいと思っています。
(お花屋さんLeaf  鳥越清和)

 引き続き夕刻からは、ビバシティ彦根でボウリング大会が行われ、19人が参加しました。
 私は朝のゴルフから参加したため、かなりきついボウリングになりました(笑)。ボウリングでは普段見られないような楽しいプレーがあり、笑点で開催された懇親会ではお酒の席ということで、年の差関係なく無礼講で楽しめたし、とても楽しい良い一日だったと思います。
 仕事の都合もありますが、どんどん参加して彦根YEGを盛り上げる一員として頑張っていきたいと思います。
(共同電気㈱ 佐々木治郎)

●井伊直弼と開国150年祭
『ひこね開国フェスタ』を開催します
3/1①滋賀大彦根キャンパスにて当所青年部が主管して

黒船カリーconvert_20090122122501大老料理convert_20090122122550カクテル_convert_20090122122648

 今年度「井伊直弼と開国150年祭」主催事業として当青年部が主管して「ひこね開国フェスタ」を開催します。
 『食』にスポットを当て、開港した横浜、函館、新潟、神戸、長崎の5港の食材を使った黒船カリーを観光客や市民に振る舞うなど、開国と食文化を検証します。現在、YEG内の各委員会を中心に日夜企画を練りに練っています。
 乞うご期待!!
●開催日時 平成21年3月1日(日)
10:00~15:00
●開催場所 滋賀大学彦根キャンパス
  (彦根市馬場1丁目1-1)
●事業内容(予定)
 ・「黒船カリー」の振る舞い 
 ・「大老料理」の復元販売 
 ・「彦根カクテル」の試飲会 
 ・「JAZZ喫茶」の開店
 ・YEG物産展
 など、多彩なイベントを計画しています。


●まいどおおきに
㈱ムラカミ 村上正輝

まいどconvert_20090122122346

 弊社は塗装業及び防水業を営んでおります。今回は塗装業についてご紹介したいと思います。
 弊社は、社屋や住宅の外壁・内壁・軒天などの塗装を中心に行っています。
 現在、建築業界は非常に厳しい状況にあります。一昨年の耐震偽造を皮切りに、建築法が改正され、新築の確認申請が下りない状況にあります。また、耐震の工事が先行してしまい、補修である塗装の工事の発注数が減っています。さらに最近では、コストダウンのために、既製品で塗装などの仕上げを行っている製品が流通しており、住宅関係では塗装がほとんどない状態になっています。
 その中で、生き残るためには独自性、つまり他社との差別化が必要だと考えています。独自性というと難しく聞こえますが、私はまず、信頼を重要にしていこうと考えています。そのため、一つ一つの仕事を誠実且つ確実に行い、私自身を信頼して頂けるよう、今は精一杯努力している段階です。
 皆様には何かと御迷惑をおかけするかと思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。

●ちょっと聞いて~な
 11月末に毎年恒例の中学時代の仲の良い友達と忘年会をしました。今年は集まりが悪く残念でしたが、それでも1年を通して会う機会の少なくなった友達でも声をかけると二つ返事で出席をしてくれます。皆に会う度思うのです。「友達は私の大切な財産であるなぁ~」
 これからもこの付き合いは大切にしていき、その上これからの出会いも大切にしていきたいです。(欲張り?僕)笑
 皆様、友達、そして一つ一つの出会いは大事にしましょうね!
(㈲亀井造園 亀井保孝)
●青年部伝言板
■2月度例会(オープンセミナー)
(仮)人が輝けば店が輝く、輝いている店に人が集まる どうすれば人が輝くのか
2月3日(火) 18時30分~
於:当所4F大ホール
■謹賀新年
本年もよろしくお願いします
事務局
スポンサーサイト

2008.12月号

●井伊直政公顕彰式・彦根YEGフェスタ
お城まつりムードを盛り上げる

青年部通信A青年部通信B

 去る11月3日秋晴れのもと、彦根駅前銅像前広場において彦根初代藩主井伊直政公顕彰式が行われました。
 式典では、主管する当青年部和田会長が直政公の赤鎧を着て挨拶、その後、獅山彦根市長、北村当所会頭からそれぞれ熱いご挨拶をいただきました。その後、彦根鉄砲隊による火縄銃の空砲射撃が秋空に向かって行われ、見物されている人達も音の迫力に驚いておられました。
 引き続いて彦根YEGフェスタが開催され、恒例の招福餅つきを市民の方々や獅山市長、『しまさこにゃん』にも手伝っていただきつきあげて、会場で振る舞われました。また、同じく恒例の、ぬりえを持参した園児に豪華商品が当たるガラポン抽選会にも長蛇の列ができていました。他にも模擬店やゲームコーナーもあり、どの店も大反響で、中でも今年初登場の『たません』は、子供から大人まで多くの方に喜ばれていました。今年のフェスタは、我々青年部メンバーの参加者も40人を超え、訪れた来客数、滞在時間共に過去最高となり、多くの市民の方に親しまれてきたように思います。
 これもひとえに直政公が今日の彦根の礎を築いてくれたからこそ成り立っている祭りという感謝の気持ちを忘れず、より多くの人々に愛される顕彰式、YEGフェスタにしていきたいと感じました。
 実は今年度、青年部が贈るもう一つの“フェスタ”があります。それは、開国150年祭の事業で、3月1日に滋賀大構内にて開催する『ひこね開国フェスタ~黒船料理から大老料理まで~』です。皆様に楽しんでいただける内容となっていますので、是非こちらにもお誘い合せの上ご参加ください。お待ちしております。
(小出建設㈱ 小出哲士)



●小江戸情緒漂う「ほんものの彦根」を発信
全国大会第5分科会(彦根会場)

C_convert_20090122093104.jpgD_convert_20090122093213.jpg
 去る11月5~8日、日本商工会議所青年部第28回全国大会びわ湖大津大会が県内各所で行われ、全国各地から3、800名が来られました。
 われわれ彦根YEGは、大会の事業の一つである7日の分科会をメインに企画運営しました。分科会とは、分野ごとに専門的に研究、討議を行う小会議であり、県内6つのYEGが一つずつ担当し、全部で6つの分科会が行われました。
 彦根の分科会では、今回の全国大会のスローガンでもある「三方よし」の理念に基づき、「おもてなしとは何か」を感じてもらえる分科会として、彦根の良さを最大限に感じてもらうことが一番大事だと思い、70名限定という普段の観光では味わうことのできない彦根を念頭に置いて内容を考えました。
 八景亭で大名庭園(玄宮園)を見ながら、お琴の音色をバックに食事をしていただいたり、彦根城博物館では、青年部メンバー自らが地元狂言師の指導のもと練習を重ね、能舞台でオリジナル狂言を演じました。案内係としてもメンバーがボランティアガイドの方々と勉強会を開き、城内を案内しました。さらに、八景亭のある玄宮園では、時代衣装をまとったお殿様やお姫様の登場、また案内係はスーツ姿にしっかりとしたかつらなど、彦根ならではの演出も忘れてはいません。
 この彦根の分科会に参加していただいた全国のYEGメンバーにはきっと思い出に残る分科会になったのではないかと思っています。このようなおもてなしの心というのは自分たちの事業にとっても必ず必要なことだと思います。今回の事業を行ったことで、おもてなしとは何かということをメンバーも改めて見つめ直す事ができたのではないでしょうか?
(㈲ザ・サーバント 石田裕彦)

●彦根商工会議所創立70周年 記念式典・会員大会に協力
 11月18日に彦根商工会議所創立70周年記念式典・会員大会が開催され、和田会長以下12名がスタッフとして参加しました。
 あいにくの曇り空で、冷たい季節風が吹き付けたひこね市文化プラザで行われた会員大会には、開場前から長蛇の列ができる盛況ぶり。予定より早めの開場となり、グランドホール1階は満席となりました。会場入口では林家木久蔵、木久扇師匠がラーメンなどグッズの販売をされ、限定販売ということもあり、多くの方が買っておられました。
 大会は北村会頭の挨拶で始まり、林家木久蔵、木久扇親子落語会も無事終了。休息の後、皆さんお待ちかねのお楽しみ抽選会の始まりです。420人の当選番号発表の後、1~4グループごとに商品と半券を引き換える作業は少々大変でしたが、大きな混乱もなく大会は成功裏に滞りなく終了しました。
(安澤印刷 安澤 勝)

●まいどおおきに
笑点 松原康之

E_convert_20090122093253.jpg
 私どもの店は、おかげさまをもちまして来年で18年を迎えさせていただきます。
 噂が口コミで広がり時代の波に乗ってあわただしい日々を送ったものの、目玉商品に悪戦苦闘いたしました。今ではやっと、お客様の声を聞きながらお口に合うカクテルと牛つる焼、山いもとろろステーキなど、少しずつ定着してまいりました。いずれも値段に比べて量も質も高いですから、きっと得した気分になってくださるでしょう。
 自分が納得できるメニューを考え出し、おやつ感覚で召し上がっていただける商品も考えております。
 やさしさやぬくもりが伝わってくるお店でありますように。
 時折、店の名のごとく、お笑い界の方がお見えになり、まわりを和ませてくださるようなサービスもございます。
 これからも新鮮な食材と持ち前の明るさで努力し、人気のあるお店の仲間入りをさせていただきたいと願っております。


●ちょっと聞いて~な
 先日、事務所で健康診断を受けたのですが、バリウムのまずさを久々に痛感しました。少しの量だったのですが、飲んでいる最中に何度も気持ち悪くなりました。
 その後、機械でぐるぐる回されてもうむちゃくちゃで…。“健康診断で体を悪くするのでは”と思うほどでした(笑)。
 でも、こういった機会にしっかりと自分の体をチェックしておくことは、大切なことです。
 良薬口に苦し。少し違うかもしれませんが、健康診断に行きましょう^^
(馬場司法書士事務所 馬場真作)

●青年部伝言板
■臨時総会・新年会
1月15日(木)
臨時総会 17時半~
(当初より30分繰り下げております)
新年会 18時半~
於:マリアージュ彦根
(里根町)

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。